youtubeリンク

マダイ(養殖)の基本と食べ方 【料理】

真鯛(養殖)の基本と食べ方 海水魚

マダイ(養殖)の基本と食べ方 【料理】

マダイ 養殖

味評価 ★★★★★★★☆☆ 【 ★7 】

天然に比べて全身に脂が乗っておりコッテリしている。養殖特有の脂の臭いは確かにあるが、味付けすれば気にならない。個人的には養殖も好き。

秋ー冬 ばらつき有り

季節に関係なく年間を通して価格はほぼ同じ

 

マダイ(養殖)の基本 天然のマダイは全長1mちかくになるが、養殖では1kg~2kgの40cmほどで出荷されるようだ。価格は並。

回転寿司チェーン店で食べる真鯛はほぼ養殖真鯛。

天然のマダイと比べると、太陽光による日焼けで黒っぽい色をしていたり、全体的に鮮やかに赤いなど傾向はあるが、天然に近いくらい綺麗なものもある。また養殖の鯛はヒレが綺麗でないことや、十分に発達していない状態も見られる。

養殖マダイにはアニサキスやタイノエは見られないが、一方でクビナガ鉤頭虫は頻繁に見られる。腸に大量に見られることもあるが人体には無害である。

抜群の脂乗りでうま味をカバーし、熟成させずに食べた方が美味しく、死後硬直前の「活かり身」でも美味しく食べられる。

家庭でウロコを取る場合は、30L位の透明なビニールの中でやると飛散しない。

右側にビニールの口が来るようにする。ヒレの棘には気を付けよう。

真鯛 ウロコ ビニール

 

身以外の食味

(※基本加熱調理)

【皮】 - 美味しい

【肝臓】- ふつう

【浮袋】-

【胃】 -

【心臓】- びみょう

【腸】 -

【幽門垂】-

【卵巣】 - 美味しい。

【精巣】 -

寄生虫 クビナガ鉤頭虫

 

真鯛(養殖)料理

マダイ(養殖)の刺身・寿司

マダイ 養殖 刺身

中トロにも勝る脂乗り。寿司に使うならパンチのある養殖がむしろ良いかも。湯霜造りにしてもよいが、皮はやや厚いので最後に切り込みを忘れずに入れる。

マダイ(養殖)の塩焼き・ソテー

真鯛 養殖 塩焼き

火を通すと生で食べた時のような脂コッテリ感は薄くなる。クセもなく皮も美味しい。どんな使い方でも対応してくれそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました