シロバイガイ(エッチュウバイ)の基本と食べ方 【料理】

白バイ貝(エッチュウバイ)の基本と食べ方

シロバイガイ(エッチュウバイ)の基本と食べ方

 

味評価 ★★★★★★★☆☆☆

【  ★7  】

黒バイ貝と比較すると、わずかだが味の濃さで劣る。しかしこちらのほうが足が大きくボリュームがある。大きいサイズなら刺身もよし。

秋ー冬

通年出回っている様子

シロバイガイの基本 全長12cmほどになる。安価~やや高価。

殻は鶏卵のように薄く割れやすいので、割って身を取り出すことが容易にできる。

肝は大きくぬめりもあるがクセはなく美味しい。

本種の唾液腺にはテトラミンを含まないとされているが、人によっては酔ってしまうという話もある。私自身は10個程度では酔ったことはない。

白バイ貝 洗う

貝殻には汚れがあるのでタワシなどで洗ってから調理する。

 

身以外の食味

※加熱

【皮】 
【肝臓】
【浮袋】
【胃】 
【心臓】
【腸】 
【幽門垂】
【卵巣】 
【精巣】 
寄生虫 未確認

 

白バイ貝料理

シロバイガイの醤油煮

白バイ(エッチュウバイ)醤油煮

黒バイ貝と同様で、甘辛い醤油ベースのたれで煮て、そのまま冷蔵庫で1日味を含ませる。黒バイ貝にも劣らない味でこちらほうが軟らかい。貝殻が割れやすいので誤って食べてしまわないように注意。

シロバイガイの串焼き

シロバイガイ 串焼き

贅沢に足の部分だけを集めて焼いたもの。身の味は薄く、うまみ、風味ともに少ない印象。手間が掛る割に美味しくなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました