youtubeリンク

キチジ(キンキ)の基本と食べ方【料理】

キチジ キンキの食べ方 海水魚

キチジ(キンキ)の基本と食べ方【料理】

味評価 ★★★★★★★☆☆☆

【  ★7  】

風味があり脂も強い魚でご飯がススム。ただしコスパは悪い。

秋ー冬

旬を外しても脂はある

キチジの基本 全長30cmほどになる高価~超高級。

深海魚。

標準和名のキチジよりも「キンキ」と呼ばれることの方が多い。

スーパーでも目にする魚で珍しいものではないが、あのノドグロと肩を並べる高級魚でそう買えるものではない。

キンキ トゲ

頭、エラブタ、背びれに細く鋭いトゲがあり、普通の魚みたいに扱えばまず刺さってしまう。下処理、食べる際には十分に注意。毒はない。

 

身以外の食味

※加熱

【皮】 おいしい
【肝臓】おいしい
【浮袋】
【胃】 
【心臓】
【腸】 
【幽門垂】
【卵巣】 
【精巣】 
寄生虫 未確認

 

キチジ(キンキ)料理

キチジの煮つけ

キンキ 煮つけ

脂が強い魚なのでご飯によく合う煮つけになる。赤魚やキンメダイよりも脂は強い。肝があれば一緒に煮付けても美味い。

味わいはとても良いが、煮付けたことによってバラバラになる背びれは超危険。小さな子供にはオススメできない。大人でも注意して食すべし。

キチジ(キンキ)の塩焼き

キンキ 塩焼き

キチジの香り、脂のうまみにプラスして皮を焼いた香ばしさが加わると超絶品。危険な骨も煮汁がない分、行方不明にならずに外しやすい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました