【業務スーパー】冷凍赤魚398円と金目鯛とでどっちがうまい?

業務スーパー 赤魚 【業務スーパー】シリーズ

こんにちは鬼パンです。

個人的に煮魚の最強魚は銀ダラであると思うのだが、これがちょっと高いので頻繁には食べられない。

そんな時にはこんなのも選択肢に入ってくる。

あかうおぉぉーー

赤い魚って美味しい傾向があるよね? 高い傾向もあるけど・・( ゚Д゚)

冷凍赤魚って何?

赤魚 398円

現在、赤魚として販売されているものには「アラスカメヌケ」、「モトアカウオ(タイセイヨウアカウオ)」、「チヒロアカウオ」の3種がある。

そしてこの業務スーパーの赤魚の産地を見てみるとスペインと書いてあるので、大西洋北部に生息するモトアカウオかチヒロアカウオのどちらかだと推測される。

業務スーパー 赤魚

 

袋から出してみて気づいたが、サイズがけっこうまちまちである。一番大きいやつと一番ちいさいやつを比べるとおよそ倍の差はありそうだ。ちびっ子兄弟姉妹だとケンカになるかもしれないと心配になる(笑)

業務スーパー 赤魚

頭、ヒレ、内臓、ウロコまで処理されているので、そのまま調理に使えるのは便利だ。

 

定番の煮つけ・金目鯛と勝負

実は少しだけ残った金目鯛をわざわざ煮付けるのも面倒だと考えていたときに、こいつが冷凍庫に眠っていたのを思い出したのだ。そこで一緒に煮て食べ比べてみることにした。

赤魚には切り込みを入れて、見栄えと味が入るようにする。

業務スーパー 赤魚

業務スーパー 冷凍 赤魚

煮つけのコツはズバリ、その煮汁の塩味と甘味加減だ。何度も味を確認して納得できる濃さに調節する。濃いめの方がゴハンがすすむぜ( ゚Д゚)

そういえば、ラジオで服部先生が「煮魚のコツは落とし蓋だ」と言っていた。普通の蓋をするよりも、より蒸気の逃げる落とし蓋の方が魚の臭みを飛ばせるとのことだった。それからは検証はしていないがそんな気もしないでもないので、落とし蓋もポイントとしておススメする。

完成した

業務スーパー 赤魚

ジャーン! 完成である。

手前が金目鯛で、奥が赤魚だ。色の鮮やかさでは既に劣っているが、肝心なのは味。

さてどれどれ、まずは金目鯛だ・・

うん! 刺身では冴えない金目鯛だが、煮つけはやっぱり一流だ!

ボコッと取れる身のわりに、きめ細やかでとろけるようだ。そして香りもいい。

それでは本命の赤魚を・・・

うむ! 味が濃い!

身はややパサつくが、たぶんこれは冷凍のせいであって魚の問題ではない。そして脂がよく乗っている。すこし脂臭さもあるが、コッテリしているので煮汁との相性もよくご飯が進む味わいだ。

しかしちょっと待て、

骨が多いな( ゚Д゚)!!

魚のサイズが小さいせいもあり、気を付けないと骨ごとパクリしてしまう。骨を避けるには、先端の細い箸で丁寧に取り分ける技術が求められる。割り箸では難しいぞ!よって小さい子供やお年寄りには向かないかもしれない。

 

塩焼き

赤魚 塩焼き

脂乗りがいいことを見越して塩をやや多めに振った。煮付けが一番だろうと思ったが、思いのほか塩焼きのレベルが高い。皮の香りが良く、身のうま味もダイレクトである。個人的には煮付けよりもこっちかな。なにより手間がかからない。

 

まとめ

骨の多さという弱点があるものの、味は非常に良く、また下処理済みなのでそのまま調理できるという点のポイントが高い。これで398円ならリピートしてもいいかなと思う。次回は、そのまま調理が売りのこの魚を、わざわざ卸して天ぷらや唐揚げにしてみようと企画している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました