マトウダイの基本と食べ方【料理】

マトウダイ 海水魚

マトウダイの基本と食べ方

味評価 ★★★★★★★★★

【  ★9  】

生では上品でモチモチとした食感であり、肝が極上に美味しい。焼いても固く締まらずしっとり仕上がる。アラからも良いダシが出る。現状★10に最も近い魚と言っていいだろう。

秋ー冬

6月の個体は抱卵していた。地域差はあるが、夏に産卵か。肝目当てなら旬に。

マトウダイの基本 全長50cmほどになる。安価~やや高価。

色見もフォルムもブサイクだが、西洋料理では好まれポピュラーな魚。

 

旬のマトウダイの肝は大きく、非常にコッテリしていてこれが美味い。

マトウダイ 肝

軽くボイルし、よく叩き、醤油とよく混ぜ合わせれば極上の肝醤油が出来上がる。

マトウダイ 肝醤油

またマトウダイは独特で、3つに身が別れる。そして血合い骨がない。 なので腹骨を取り除くだけでよい。

マトウダイ 身 分かれる

 

身以外の食味

※加熱

【皮】 
【肝臓】 とても美味しい
【浮袋】美味しい
【胃】 美味しい
【心臓】ふつう
【腸】 
【幽門垂】
【卵巣】 ふつう
【精巣】 
寄生虫 未確認

 

 

 

マトウダイ料理

マトウダイの刺身・寿司

マトウダイ 刺身

むっちりモチモチとしたこの食感がとても良い。フグに近いような食感と言ったらいいか、これが最高なのだ。

そのままでも十分美味しいが、鮮度が良く肝が大きければ肝醤油で食べると一層美味しい。

マトウダイのあら汁・潮汁

マトウダイ あら汁・潮汁

身も肝も上等な上に、ダシもこれまた美味い。頭にはほとんど身はなく食べる部分はないが、浮袋と胃袋を入れ煮る。浮袋はとろとろで、胃袋はまるで豚の白モツの食感。肝の鮮度がいま一つであれば汁に加えるとよい。

マトウダイのソテー

マトウダイのソテー

焼いてもふっくらジューシーな仕上がりになる。バターなどオイルとの相性もよい。さらに血合い骨がないのでとても食べ易い。なんとよくできた魚だろう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました