youtubeリンク

ヒラマサの基本と食べ方 【料理】

ヒラマサの基本と食べ方 料理 海水魚

ヒラマサの基本と食べ方

 

味評価 ★★★★★★★☆☆☆

【  ★7  】

ブリに似るが、ブリほどのクセを持たず、食感はカンパチ寄りだがカンパチよりはやわらかい。つまりちょうどブリとカンパチの間といった味わい。

春ー夏

2~4キロほどの中型が美味しいとされる

ヒラマサの基本 全長200cmほどになる。やや高価~高級。

養殖も出回り、ブリよりも高価。

ブリにとてもよく似ており、素人に判別は難しい。

見分け方は主に以下の3点である。

ヒラマサ 見分け方 上顎後方上部

上顎後方の角が丸くなっている。ブリは直角。

 

ヒラマサ 見分け方 ヒレ 

胸ビレは体側の黄色いラインに被る。腹ビレが胸ビレよりも長い

身以外の食味

※加熱

【皮】 ふつう
【肝臓】ふつう
【浮袋】
【胃】 おいしい
【心臓】 ふつう
【腸】 
【幽門垂】
【卵巣】 
【精巣】 
寄生虫 アニサキス、微胞子虫

 

 

ヒラマサ料理

ヒラマサの刺身・寿司

ヒラマサ 刺身

ブリのような強い味はなく、比較的あっさりとして適度な歯ごたえを持つ。ブリ、ヒラマサ、カンパチの中で一番食べ易いと思う。

ヒラマサ 寿司 漬け

漬けにしても美味。

ヒラマサのあら煮・煮つけ

ヒラマサ あら煮 煮つけ

煮つけても青モノにしてはクセは少ない。加熱するとややパサつくのでコッテリ煮付けた方が美味しいかもしれない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました