youtubeリンク

サワラ

サワラ 海水魚

サワラ 【鰆】

味評価 ★★★★★★★★★☆ 【 ★9 】

大型は脂のりがよく、うまい。青魚っぽいクセがなく多彩な料理に使用できるが、一番は刺身じゃないかとおもう

秋ー冬 

鬼パンメモ:8月の個体でも脂のりは十分であった。

こんな魚 全長100cmほどになる。60cmまではサゴシまたはサゴチと呼ばれる。

沿岸でたくさん獲れる春が旬とされるが、産卵期なのでその前の秋冬のほうが身が肥えている。

身割れしやすい魚なので扱いには注意が必要。

 

釣り方 ショア、船餌釣り。
寄生虫 アニサキス

 

サワラ料理

サワラの刺身・寿司

サワラ 姿づくりサワラ あぶり

身全体的に脂が入ったかんじで、ビンチョウマグロのトロに似ている。食感は柔らかいので1cmほどに厚く切ると食べた感があっていい。刺身はクセがなく甘味がありたくさん食べられるが、皮をバーナーであぶった焼霜造りもかなりウマイ。

 

サワラの西京焼き

さわら 西京焼き

脂ののったサワラだから味噌と合うのだろう。今回は合わせ味噌で作ってしまったが、間違いなく白みそを使ったほうがいい。

 

サワラの塩こうじ漬け

サワラ 塩こうじ漬け

市販の塩こうじペーストを塗り、半日ほど漬けてから焼いた。

塩焼きよりもしっとりと仕上がり、ほのかなこうじの香りがあとを引くうまさだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました